分類:アジサイ科アジサイ属 学名:Hydrangea arborescens ‘NCHA2’

アメリカあじさい ピンクのアナベル2は、鮮やかなピンク色の大輪の花が咲き、やがて柔らかなピンク色、咲き終わりにはグリーンへと変化する姿が美しいアナベルです。ピンクのアナベル2は、ピンクのアナベルが品種改良されて、花の色葉の色がより深く濃い色になり、繰り返し咲く性質がさらに増すようになりました。最初の花の後に切り戻すと繰り返し花が咲くため、夏から霜が降りるまでの長い期間花を楽しめます。茎が固く大輪の花がついても倒れません。晩冬から早春にかけて剪定すれば、新しく伸びた枝に花をつけます。緩効性肥料をあげて育てましょう。

緩効性肥料とは、肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことをいいます。

ー 特長 ー

繰り返し咲くように改良されたアナベルです
新梢咲きのため、剪定期を選びません
茎が強く倒れにくくなりました
耐寒性が強く日本全国で冬越し可能です

ー 管理情報 ー

開花期:初夏~晩秋

タイプ:落葉性

最低温度※:約ー40℃

耐寒性ゾーン※:3a~

水やり:土の表面が乾いたらたっぷりあげてください

置き場所:1日中日光がよくあたる場所、もしくは午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所

肥料:植えつけ時に元肥を施し、春と秋の生育期前に緩効性の置き肥をあげる以外はあまり必要としません

剪定期:花後と冬~早春に枝を切り戻します

樹高:0.9~1.2m

植栽距離

植栽距離:0.6~1.0m

花壇

主な用途:プランター/鉢植え、地植え

土壌:水はけのよい土に最も適しています 花の色は土質に影響されません

  • 最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
  • 耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
この植物の冬越し可能エリアを確認

ー 販売時期 ー

5月下旬~7月下旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

\さっそく販売店に買いに行こう!/
お近くの販売店はこちら

― 楽しみ方 ―

様々な用途でお楽しみいただけます

マスプランティング(群植)
景観設計(緑化植物)
ミックスボーダー(庭の塀際や小道の両側に多種類の多年生植物を植え込むもの)
カッティングガーデン(切り花用花壇)

― 豆知識 ―

繰り返し花を咲かせます

花が終わったら、2~3節目で枝を切り戻しましょう。繰り返し花を咲かせます。

バリエーション豊かな色と大きさを展開しています

アメリカあじさいだけでも、色と大きさのバリエーションを多く取り揃えています。

アメリカあじさいピンクのアナベルジャンボ

剪定が簡単で初心者におすすめのアジサイです

アジサイは、その花のつき方から旧枝咲きのアジサイと新枝咲きのアジサイの2種類に分けることができます。旧枝咲きのアジサイは、ヤマアジサイ、ガクアジサイ、カシワバアジサイなどです。初夏に開花した花は、翌年の花芽ができる秋より前に剪定する必要があります。切る位置も正確に行う必要があります。それに対して、新枝咲きのアジサイは、アメリカあじさい(アナベル)、ノリウツギなどです。花の開花後から年を越えて3月までに剪定をすればまた初夏に花が開花します。新枝咲きのアジサイは剪定が簡単なので、時期さえ守れば毎年開花します。初心者の方が最初に育てるアジサイとしておすすめします。PROVEN WINNERS(PW)ブランドは、そんな初心者の方におすすめのアメリカあじさい(アナベル)とノリウツギを種類多く展開しております。

ー みんなの投稿 ー

みなさんが育てたアメリカあじさいの写真をご紹介!みなさんの投稿楽しみにお待ちしております!

GreenSnap グリーンスナップ
Instagram
@provenwinners_japan

アメリカあじさいのトリビア

ここでちょこっとブレイクタイム!アメリカあじさいに関するトリビアを3択クイズでご紹介します。

問題:普通のあじさいの花言葉は、花の色が変化することから、「移り気」や「浮気」とあまり良い意味は持たないのですが、アメリカあじさい(アナベル)は「ひたむきな愛」「辛抱強い愛情」と、ひたむきで一途な花言葉が付けられています。何故でしょうか。

01.アナベルは、季節の変化に負けず辛抱強く長く花が咲くから
02.アナベルの花色の変化は、他のアジサイと比べてゆっくりで驚くほどの変化はしないから
03.アナベルは、古代ローマ時代「愛すべき女性」を意味するアマベルに由来して名付けられた程、昔から人々に愛される植物だから

(答えは、育て方のページに掲載されています。)

\アメリカあじさい ピンクのアナベル2の育て方はこちら/
育て方