ヒューケラ ドルチェ

分類:ユキノシタ科ツボサンゴ属 学名:Heuchera hybrid

特 長

  • 周年きれいな葉色を楽しめるカラーリーフ
  • 一般的なヒューケラが苦手な暑さ、直射日光にも強い
  • 季節によって葉色の変化が楽しめる
  • 手間がかからず管理が簡単
  • 寄せ植えに欠かせない

ラインナップ


new_releases おすすめ情報

多くのプロ生産者も認めるヒューケラ・ドルチェ その強さを解説!

ハクサン研究部
(株)ハクサン研究部 鈴木美国

1.厳しい品種選抜
ヒューケラの”強さ”は品種によって大きく異なります。多くの候補品種の中から生育ステージ別に寒さ・暑さ・直射日光など過酷な環境下で順調に生育できるかを日本で数年間厳しくチェックします。
そしてそれらをパスした品種のみがPWのドルチェシリーズとして仲間入りします。
また優れた生育により、年々性質が改善されており、以前は弱点であった真夏の直射日光下でもヒューケラが楽しまれるようになりつつあります。年間を通じて楽しめるカラーリーフとして存在感を増しています。

培養苗

2.培養苗でフレッシュな株を生産
ヒューケラは①組織培養②株分け③挿し木と複数の増殖方法があります。
組織培養はラボで1株1株人の手で増殖されます。ラボでできた培養苗は細胞組織としては非常に若く、清潔で病気もないため、その後の生育力が良好です。
ドルチェは生産されるすべての株が培養苗から作られ、植えた後の生育にこだわっています。

地植えにもおすすめです!


「ヒューケラドルチェ」は年間を通じてお楽しみいただけるカラーリーフです!


管理のポイントおよび植物の性状

開花期開花期:晩春~夏
耐性:耐寒性/多年草
最低温度※:約-20℃まで
水やり:土の表面が乾いたらたっぷり与える
置き場所:午前中日当たりよく午後は日陰になる場所
主な用途:花壇
主な用途:プランター鉢植え
主な用途:ハンギング
草丈:20~40cm
株幅:20~40cm
肥料※:すくなめ
   

最低温度は目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
肥料:植えつけ時に元肥を施し、春と秋の生育期前に緩効性の置き肥を与える以外はあまり必要としません。
◎元肥とは花苗を植えるとき、事前に与える肥料の事です。
◎緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことをいいます。

ページ上部へ戻る