分類:シュウカイドウ科シュウカイドウ属 学名:Begonia semperflorens

ー ラインアップ ー

ダークエレガンス

エボニーアンドオレンジ

アプリコット

バニラ

ー 特長 ー

強健なボリビエンシスの血を引くハイブリッドベゴニアです
一般的な球根ベゴニアと比べ暑さや根腐れ病に強くなりました
分枝性に優れるため花数が多く簡単に楽しめます

ー 管理情報 ー

開花期:春~秋

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度※:約5℃

耐寒性ゾーン※:10a~

水やり:土の表面が乾いたらたっぷりあげてください

置き場所:1日中日光がよくあたる場所、もしくは午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所

草丈

草丈:約30cm

株幅

株幅:40~60cm

肥料※:緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、ハンギング

  • 最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
  • 耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
  • 肥料:緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことです。
この植物の冬越し可能エリアを確認

ー 販売時期 ー

ベゴニアサマーウィングセンパフローレンスラベル

4月下旬~6月中旬

全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております。

\さっそく販売店に買いに行こう!/
お近くの販売店はこちら

― 楽しみ方 ―

とがった花を咲かせます

ベゴニアサマーウィングはハイブリッドタイプの球根ベゴニアで、暑さや根腐れ病にも強い品種です。梅雨から夏、そして秋にかけてガーデンの彩りにぴったりです。

深みのある赤花にとがった花型は目を引きますが、黒に近いブロンズリーフもとても綺麗でシャープな葉形でクールな印象です。一株で花と葉のコントラストがありインパクトがありながらすっきりと感じさせるのが魅力です。赤がテーマのガーデンでも一際目を引く存在になる赤色です。

よく枝分かれして、切り戻しをしなくてもかたちよく茂り、花数も多くて枝垂れて咲く姿は庭のポイントになっています。

大きな花が目を引きます

左が八重咲きのベゴニア べレコニアで、右が一重咲きのベゴニア サマーウィングです。どちらも手のひらサイズという豪華な花を咲かせます。

さまざまなシリーズの違いを楽しめます

銅の葉色をお探しならベゴニア ダブレットを、緑の葉色をお探しならベゴニア グリーンダブレットを、さらにひと回り大きなベゴニアをお探しなら、ベゴニア ダブレット グランデ(ピンクは緑の葉色で、レッドは銅の葉色)の展開があります。

また豪華にしだれ咲くベゴニアがお好みの場合は、一重咲きのベゴニア サマーウィングに、八重咲きのベゴニア べレコニアもおすすめです。

ー PW販売店検索 ー

ベゴニア サマーウィングを販売しているお近くのお店をご案内いたします!

\全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております/
お近くの販売店はこちら

ー みんなの投稿 ー

みなさんが育てたベゴニア サマーウィングの写真をご紹介!みなさんの投稿楽しみにお待ちしております!

GreenSnap グリーンスナップ
Instagram
@provenwinners_japan
\ベゴニア サマーウィングの育て方はこちら/
育て方