スーパーサルビア ゴーゴーとは

夏の暑さにも負けず元気に育つサルビア。かつては夏の花壇を彩る赤い花が一般的でしたが、最近はブルーや紫など涼しげな花色の品種が多く出ています。そんなサルビアの中でも、お手入れが簡単なのに次々と脇芽が育ってたくさんの花が咲き、ボリュームたっぷりの姿に育つのがスーパーサルビアです。ここでは、そんなスーパーサルビア ゴーゴーを上手に育てる育て方をご紹介します。

栽培カレンダー

スーパーサルビアゴーゴーの栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。

スーパーサルビア ゴーゴーの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

草花用培養土

排水性のよい土を選びます。
病気や害虫を避けるため、新しい土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

元肥のほかに、開花期は液肥を週1回程度あげてください。

鉢の選び方

30cm前後の鉢がおすすめです。鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
スーパーサルビア ゴーゴーの管理方法

植えつけ

植えつけ時に元肥を十分に施し、オルトラン等の粒剤を撒いておきましょう。買ってきた花苗(9~10.5㎝ポット苗)は初めは二回り大きな15㎝~20㎝位の鉢に植えつけ、根が張ってきたら30㎝前後の鉢に植え替えましょう。

根が張ってくると、地上部が大きくなり、鉢底穴から根が見えたり水が乾きやすくなる症状がみられます。植え替えの際に、根を痛めないように抜いた苗は根を触らないようにし、根がぎっしり張っていないか確認してください。

とても生育旺盛なので、植え替えに自信がない場合は、買ってきた花苗(9~10.5cmポット苗)初めから30cm前後のサイズの鉢に植えても育てることができます。土の表面が乾いたら、たっぷり水をあげるようにして、水のあげ過ぎに注意して育ててください。

日当たり・置き場所

スーパーサルビアゴーゴーは、1日中日光がよくあたるもしくは午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる、水はけの良い場所に置いて(植えて)ください。

水のあげ方

鉢の土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水をあげてください。夏は水切れしないように注意してください。

肥料のやり方

植えつけ時に元肥を十分に施した後、花が咲いている時期には、緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1〜2週間に1~2回程度あげてください。

病害虫の予防と対策

植えつけ時にオルトラン等の粒剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。

病気

ほとんど病気の心配はいりません。

害虫

アブラムシの主な繁殖期は4~6月と9~10月です。この時期にアブラムシが発生することがあります。アブラムシは、単為生殖で、雌が1匹いれば増え続けることができる害虫です。アブラムシを見かけたら、たくさんついてしまった部分は切り落とし、残ったアブラムシが再繁殖する前にアブラムシに効果がある薬剤を散布してください。

葉が薄皮だけになって白っぽく変色したり、黒い粒のような糞を見つけたらヨトウムシの仕業かもしれません。見つけ次第駆除してください。

切り戻し・花がら摘み

花がら摘みをしなくても、花がらが目立たなくなるセルフクリーニングのお花ですが、花が終わったら花下10~20cm下の枝で切り落とすと、次々とわき芽を伸ばして花を咲かせます。

形が乱れたたり大きくなり過ぎた場合は、形を整える切り戻しをしてください。そうすることでこんもりときれいな形で花を咲かせます。

avatar
ここがポイント!
開花期は、肥料を切らさないようにしてください

管理情報

開花期:晩春~秋

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度:約3℃

耐寒性ゾーン:10a~

水やり:ふつう

置き場所:日なた、半日陰

肥料:たくさん

用途:プランター/鉢植え、花壇

草丈

草丈:70~100cm

株幅

株幅:70~100cm

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

購入できるお店

スーパーサルビア ゴーゴーを販売しているお近くのお店をご案内いたします!