ニューギニアインパチェンスとは

ニューギニアインパチェンスは、花や株が大きく生育旺盛な熱帯原産のインパチェンスです。夏のお庭の主役にふさわしく暑さに強く、また半日陰でも育つことが魅力です。

ニューギニアインパチェンス トロピカルとは

ニューギニアインパチェンス トロピカルは、世界中で長年愛されている定番のニューギニアインパチェンスです。春から晩秋まで次々と花を咲かせます。鮮やかな花色と多くの花柄を取り揃えております。ここでは、そんなニューギニアインパチェンス トロピカルを上手に育てる育て方をご紹介します。

ニューギニアインパチェンス トロピカルの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

草花用培養土

湿り気があり排水性のよい土を選びます。
病気や害虫を避けるため、新しい土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください。

鉢の選び方

30cm前後の鉢がおすすめです。鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
ニューギニア インパチェンス トロピカルの管理方法

植えつけ

ニューギニア インパチェンス トロピカルは、4~5月に植えつけします。根鉢を崩さないようにして植え替えしてください。

日当たり・置き場所

ニューギニア インパチェンス トロピカルは、1日中日光がよくあたる場所、もしくは午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所に置いて(植えて)ください。

明るい場所を好みますが、強い直射日光は葉焼けの原因になります。建物の脇や庭木の下など、直射日光を避けた明るい場所に置いて育ててください。またやや湿り気のある土壌を好みます。

水のあげ方

乾きに注意し、頻度高めにたっぷりあげてください。土の表面が乾いたら、たっぷり水をあげてください。目安として春、秋は1日1回。夏は水枯れしないように1日2回程度、最低でも1日1回はあげてください。真夏は特に水切れに注意します。鉢の土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりとあげてください。

水切れしないように注意してください

肥料のやり方

緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください。

花をたくさん咲かせるには緩効性肥料を切らさないようにしてください

病害虫の予防と対策

植えつけ時にオルトラン等の粒剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。ナメクジには、ナメクジ駆除剤の利用をおすすめします。

病気

風通しが悪いと灰色かび病にかかることがあります。花がらを取り除いて清潔な状態を保つようにしてください。

害虫

アザミウマ(スリップス)が発生すると、葉に白斑点ができたり花の色が抜ける症状が見られます。

切り戻し

長くきれいな状態を保つために、花がひと通り咲き終わる7月頃に株の1/2程度に大胆に切り戻しをして夏越しの準備をしてください。再びわき芽が伸びて花を咲かせてくれます。また、涼しくなり始める8月下旬頃にも切り戻しをすると、晩秋まで長くお花を楽しめます。

花がら摘み

花が咲き終わったら、花がらを取り除くようにしてください。

冬越し

ニューギニアインパチェンス ロココが耐えることができる最低温度は、約5℃です。屋内に取り入れるなど十分な防寒対策をして冬越しチェレンジしてください。冬でも乾燥すると枯れてしまうことがあるため、常に土が湿っている状態を保つようにしてください。

栽培カレンダー

ニューギニアインパチェンスロココ栽培カレンダー

※関東地方以西基準になります。

avatar
ここがポイント!
水を切らさないようにしてくださいね

管理情報

開花期:春~晩秋

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度:約5℃

耐寒性ゾーン:10a~

水やり:たくさん

置き場所:日なた、半日陰

草丈

草丈:約30cm

株幅

株幅:約30cm

肥料:たくさん

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

よくあるご質問

Q
ニューギニアインパチェンス トロピカルを夏越しするには、どうしたらよいですか。
A

何もしなくても夏も花を咲かせますが、花がひと通り咲き終わる7月頃に株の1/2程度に大胆に切り戻しをして夏越しに備えることをおすすめします。また、建物の脇や庭木の下など、直射日光を避けた明るい場所で育てて葉焼けを防いでください。