アメリカテマリシモツケとは

アメリカテマリシモツケは、バラ科テマリシモツケ属の落葉低木で、晩春にテマリのような小さな密集した花を咲かせます。花が咲かない時期にも美しい葉の色を楽しむことができます。秋には黄色や銅葉に紅葉をします。また、アメリカテマリシモツケは樹脂が剥がれる性質を持つため、樹脂が剥がれることを意味する 別名:ナインバークとも呼ばれます。

アメリカテマリシモツケ タイニーワイン

アメリカテマリシモツケ タイニーワイン

PW(ピーダブリュー)のアメリカテマリシモツケは、従来品よりコンパクトな耐病性のあるアメリカテマリシモツケです。コンパクトにまとまるので剪定などの手間もかからず、狭い場所の植栽に向いています。繊細な印象の手まりのような小花が一斉に咲く姿は格別です。コンパクトにまとまるので剪定などの手間もかからず、狭い場所の植栽に向いています。

タイニーワインは、濃い色合いの銅葉が一年を通じて色鮮やかに庭を彩ってくれます。特に、晩春に咲くピンク色がかった白い花と細かい銅葉のコントラストは美しく、見応え十分。タイニーワイン ゴールドは、タイニーワインの黄金葉のタイプで、コンパクトな樹形や密で丸い樹冠は同様の特徴です。蕾はピンク色で、春には白い花がたくさん咲き、秋に葉はオレンジ色に紅葉します。ここではそんなアメリカテマリシモツケを上手に育てる育て方をご紹介します。

栽培カレンダー

アメリカテマリシモツケ栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。

アメリカテマリシモツケの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

培養土

特に土質は選びません。

肥料のあげ方

肥料

1~3月に寒肥と、花後には肥料をあげてください。

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
アメリカテマリシモツケの管理方法

日当たり・置き場所

1日中日光がよくあたる場所で育ててください。1日6時間以上日光があたる場所で育ててください。日本全国戸外で育てることができます。

土質は選ばず、どんな土壌にも適しています。

植えつけ

買ってきた苗(15㎝PWポット苗やベビー苗)は、真夏と真冬を除いて周年植えつけ可能です。春と秋の植えつけ適期以外は根を傷めないように十分注意してください。

鉢植えの場合

初めは二回り大きな鉢に植えつけ、根が張ってきたら30㎝前後の鉢に植え替えましょう。マグアンプKの中粒(効き目1年)か大粒(効き目2年)を、予め元肥として培養土に混ぜておきます。他は一般的な花苗と植えつけ方法は変わりません。以下を参考にして植えつけをしてみてください。

根が張ってくると、地上部が大きくなり、鉢底穴から根が見えたり水が乾きやすくなる症状がみられます。
地植えの場合

以下を参考にして植えつけをしてみてください。

水のあげ方

地植えの場合

根が張れば特に水をあげる必要はありません。雨が降らない日が続いて、土が乾いているようであれば適宜水をあげてください。

鉢植えの場合

土が乾いているようであれば適宜たっぷりと水をあげてください。

肥料のやり方

アメリカテマリシモツケは、植えつけ時に元肥を施し、年2回1~3月と花が咲き終わった後に肥料をあげてください。1~3月の寒肥は、寒さで庭木の成長がお休みする休眠期の間に、春からの成長を促し葉や花を充実させるための肥料のことです。花が咲き終わった後7~8月の肥料は、新芽を生長させるためのものです。

病害虫の予防と対策

アメリカテマリシモツケは、病害虫に強くほとんど心配ありません。

剪定

アメリカテマリシモツケは、自然にコンパクトにまとまる剪定不要な低木です。

剪定が必要な場合は、晩春の花が咲き終わった後に樹形を整えましょう。伸びすぎた枝や枯れた枝などを切り取り、混みあって風通しが悪い場合は、つけ根から切り取る間引き剪定をしてください。

植え替え

鉢植えの場合

鉢植えで育てているアメリカテマリシモツケは2年に一度は植え替えすることをおすすめします。休眠期に二回りほど大きな鉢や地植えに植え替えるようにしてください。

植え替えは、葉を落とした後の休眠期に行います。関東以西の暖地では、落葉して休眠期に入る11月下旬から翌年の3月頃までが植え替え時期です。寒冷地では、寒さで株が傷まないように、11月下旬から翌年の立春(2月上旬)までに植え替えをするといいでしょう。

鉢増しすることが難しい場合は、以下の植え替え方法を参考にして来年も同じ鉢サイズでお楽しみください。

avatar
ここがポイント!
手間いらずな低木です

管理情報

開花期:晩春

タイプ:落葉性

最低温度:約ー40℃

耐寒性ゾーン:3a~

置き場所:日なた

土壌:ほとんどの土壌に適しています

樹高:品種により異なります

樹幅:品種により異なります

用途:プランター/鉢植え、地植え

剪定:剪定不要

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら