セファランサスとは

セファランサスは、アカネ科タニワタリノキ属の落葉性低木で、ポンポンのような丸い白い花を咲かせるのが特徴です。耐寒性も耐暑性もともに優れ、日本全国どこでも育てることができる花木です。セファランサスは、切り花としても人気です。

セファランサス シュガーシャック

セファランサス シュガシャック

セファランサス シュガーシャックは、従来の品種と比べると約半分の樹高に育つコンパクトなセファランサスで、小さなお庭にも取り入れやすくなりました。夏には香りの良い白いポンポンのような花を楽しめ、さらに秋につける赤い実と光沢のある葉のコントラストがとても美しく見事です。

ここではそんなセファランサス シュガーシャックを上手に育てる育て方をご紹介します。

セファランサス シュガーシャックの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

培養土

湿り気があり水はけがよい土に最も適しています。

肥料のあげ方

肥料

植えつけ時に元肥を施し、早春に緩効性の置き肥をあげる以外はあまり必要としません。

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
セファランサスの管理方法

日当たり・置き場所

1日中日光がよくあたる場所、もしくは午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所に置いて(植えて)ください。北海道から鹿児島まで戸外で育てることができます。

どんな土質でも育ちますが、湿り気がある水はけがよい土に最も適しています。鉢植えの場合は2年に1回を目安にひと回り大きな鉢に植え替えをしましょう。

水のあげ方

地植えの場合

根が張れば特に水をあげる必要はありません。雨が降らない日が続いて、土が乾いているようであれば適宜水をあげてください。

鉢植えの場合

土が乾いているようであれば適宜水をあげてください。

肥料のやり方

植えつけ時に元肥を施し、1~2月に緩効性の置き肥をあげてください。1~2月にあげる寒肥は、翌年の花を立派に咲かせるためのものです。

病害虫の予防と対策

セファランサスは、病害虫の心配は特に必要ありません。

剪定

セファランサス シュガーシャックは新枝咲きの低木(シュラブ)で、春に伸びた枝に花芽をつけます。花が終わってから冬までに剪定すれば翌年も花を楽しむことができます。樹形を整えるために強剪定する必要があれば、休眠期(目安として12~2月)である冬に剪定をしてください。

また、新芽がついた後に花芽の上で茎を切り取ると、栄養たっぷりのキレイな花を咲かせます。その際は、花芽を切り取らないように注意してください。

栽培カレンダー

セファランサス栽培カレンダー

※関東地方以西基準になります。

avatar
ここがポイント!
よく枝分かれしコンパクトにまとまる花木です。

管理情報

開花期:夏

タイプ:落葉性

最低温度:約ー34℃

耐寒性ゾーン:4a~

置き場所:日なた、半日陰

土壌:湿り気があり排水性のよい土が適しています

樹高

樹高:90~120cm

植栽距離

植栽距離:90~120cm

花壇

主な用途:鉢植え/プランター、地植え

剪定期:冬

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら