アメリカあじさい ピンクのアナベル

分類:アジサイ科アジサイ属 学名:Hydrangea arborescens ‘NCHA1’

咲き始めは濃いピンク色、咲き進むにつれ淡いピンク色からアンティーク感のある緑色へと花色が変化するピンクのアナベル。
耐暑性・耐寒性が強く、性質は非常に強健。初夏から霜が降りる頃まで繰り返したくさんの花が咲き、長期間楽しめるのが魅力です。
晩冬に切り戻せば、翌年もよく成長し美しい花を咲かせます。
なお、土のpH(土壌酸度)によって花の色が変わることはありません。

プルーブン ウィナーズ(PW)はピンクのアナベルを通して
ピンクリボン活動を応援しています。

植物を楽しまれる多くのユーザーは女性です。
私たちは一人でも多くの女性が乳がんで苦しむことなく、
植物と暮らす幸せな日々を送られることを願っています。

ピンクリボン活動

PWの活動

pink-ribbon

‘ピンクのアナベル’を購入されますと、PWに参加する日本植物パテント(株)より売上の一部が公益財団法人日本対がん協会の“乳がんをなくす ほほえみ基金”へ寄付されます。

ほほえみ基金とは

pink-ribbon

乳がんをなくす「ほほえみ基金」は、公益財団法人日本対がん協会が、2003年4月にピンクリボン活動など乳がん征圧のために設けた基金です。がんで悲しむ女性を一人でも減らすため活動しております。
(財) 日本対がん協会 https://www.jcancer.jp/

特長

  • 初夏から霜が降りる頃まで、濃いピンク色の花が咲く
  • つぼみが開くとショッキングピンクの花になり、咲き進むにつれて薄いピンク色から緑色へと変わる
  • 非常に強健・確実に花が咲く・自生植物
  • 花の色:ピンク
  • 葉の色:グリーン
  • 繰り返し花が咲く四季咲き性で年に2回以上咲くので、長い期間花を楽しめます。

主な用途(植え込み場所)

fabi
  • ミックスボーダー(庭の塀際や小道の両側に多種類の多年生植物を植え込むもの)
  • ペレニアルガーデン(多年生植物中心の庭)

管理のポイント

  • 開花期:初夏~秋
  • 最低温度※:約-40℃
  • 耐寒性ゾーン※:3a~
  • 日照:日当たりのよいところ
  • 樹高:約90cm~1.2m
  • 栽植間隔:約90cm~1.5m
  • タイプ:落葉性
  • 土壌: 水はけのよい土に最も適している
  • 晩冬から早春にかけて剪定する
  • この植物の冬越し可能エリアを確認できます。【▼マップを見る】

    この植物の耐寒性ゾーンは(3a~)です。色付けされたエリアが冬越し可能エリアとなります。

※耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
※最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。

受賞歴

Bronze Medal, Plantarium 2011 受賞
Best in Show, IGC 2010 受賞
Medal, Salon du Vegetal 受賞

アメリカあじさいの樹高と花色

アメリカあじさい樹高と花色

PW育てましたグラム!(みんなの投稿)

ハッシュタグ(#ピンクアナベル)で
みんなの育てた様子をご覧いただけます!

Instagram

アジサイは、その花のつき方から旧枝咲きのアジサイと新枝咲きのアジサイの2種類に分けることができます。
旧枝咲きのアジサイは、ヤマアジサイ、ガクアジサイ、カシワバアジサイなどです。初夏に開花した花は、翌年の花芽ができる秋より前に剪定する必要があります。切る位置も正確に行う必要があります。それに対して、新枝咲きのアジサイは、アメリカあじさい(アナベル)、ノリウツギなどです。花の開花後から年を越えて3月までに剪定をすればまた初夏に花が開花します。新枝咲きのアジサイは剪定が簡単なので、時期さえ守れば毎年開花します。初心者の方が最初に育てるアジサイとしておすすめします。

PROVEN WINNERSは、そんな初心者の方におすすめのアメリカあじさい(アナベル)とノリウツギを種類多く展開しております。

関連商品

fabi