マーガレットとは

黄色い花の中心から白やピンクの花びらがたくさんついたお花、マーガレット。そんなお花の典型的なデザインをしているマーガレットは、キク科アルギランセマム属の春の定番のお花です。代表的なマーガレットは花の中心が黄色いのですが、今では、一重咲きや八重咲き、アネモネ咲き(花の中心がアネモネのように盛りあがって咲く咲き方)など咲き方も花色もたくさんの種類があります。

進化したマーガレット

PWフォトコン2021優秀作品

PWフォトコン2021受賞
gardening_2525様の投稿

ROVEN WINNERS(PW)のマーガレットは、育てやすさにこだわり多種多様に進化しています。中でも目を引くのは、ひとつの株で、「レッド」「ピンク」「ホワイト」と色の変化を楽しむことができるマーガレット ストロベリーホイップ!みなさんも園芸店やホームセンターで見たことがありませんか。その可愛さと言ったら、まさにセンター級!ほかにも色が変化するマーガレット シンプリーコーラルとマーガレット デイジーイエローも大変人気があります。ここでは、そんなマーガレットを上手に育てる育て方をご紹介します。

マーガレットの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

草花用培養土

水はけが良い土を選びます。
病気や害虫を避けるため、新しい用土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

元肥のほかに、開花期は液肥を週1回程度あげてください。夏は生育が止まるので、肥料はあげないでください。

鉢の選び方

30cm前後の鉢がおすすめです。鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
マーガレットの管理方法

マーガレットの日当たり・置き場所

マーガレットを鉢植えやプランターで育てる場合は、1日中日光がよくあたるもしくは午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所に置いてください。高温多湿を苦手とするので、鉢植えの場合は、梅雨の時期は風通しのよい場所へ移動させ、夏は半日陰で夏越ししてください。

地植えの場合は、寒風の当らない1日中日光がよくあたる場所に植えてください。


マーガレットの水のあげ方

鉢の土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水をあげてください。マーガレットは加湿を苦手とするので乾かし気味に育ててください。


マーガレットの肥料のやり方

マーガレットは、植えつけ時に元肥を十分に施した後、花が咲いている時期には、緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1〜2週間に1~2回程度あげてください。夏は生育が止まるので、肥料はあげないでください。


マーガレットの病害虫の予防と対策

マーガレットは、植えつけ時にオルトラン等の粒剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。

病気

マーガレットは、夏は立枯病が発生しやすくなります。乾かし気味に育てることで発生を防ぐことができます。

害虫

アブラムシの繁殖期である4~6月と9~10月にアブラムシが発生することがあります。アブラムシがたくさんついてしまった部分は切り落とし、アブラムシに効く薬剤を散布してください。葉が薄皮だけになって白っぽく変色したり、黒い粒のような糞を見つけたらヨトウムシの仕業かもしれません。見つけ次第駆除してください。


マーガレットの切り戻し(お手入れ)

マーガレットは、3~6月と9~10月の年2回、花が終わったら元気な葉がたくさん残るようにして樹形を整えるように切り戻しをします。

終わった花は、花茎から切り取ると次の花が咲きやすくなります。


マーガレット梅雨越しのポイント

マーガレットは加湿を苦手とします。梅雨入り前には下葉を摘んで風通しをよくして、梅雨越し対策をしてください。


マーガレット夏越しのポイント

マーガレットは夏の高温多湿を苦手とするので、夏は、風通しの良い涼しい場所で夏越ししてください。マーガレットは夏は生育が止まるので、肥料はあげずにあげるのであれば活力剤を利用してください。上手に夏越したマーガレットは、秋も返り咲きます


avatar
秋まで楽しんでね!
栽培カレンダー
マーガレット栽培カレンダー

※関東地方以西基準になります。

avatar
ここがポイント!
夏は風通しの良い涼しい場所で夏越ししてください

マーガレットの管理情報

開花期:春~初夏
秋~初冬

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度※:約0℃

耐寒性ゾーン※:10a~

水やり:土の表面が乾いたらたっぷりあげてください

置き場所:1日中日光がよくあたる場所

肥料※:緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(500~1,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

草丈

草丈:20~30cm

株幅

株幅:約30cm

  • 最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
  • 肥料:緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことです。
  • 耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。
この植物の冬越し可能エリアを確認

マーガレットの購入できるお店

avatar
お待ちしています!

マーガレットを販売しているお近くのお店をご案内いたします!

\全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております/
お近くの販売店はこちら

マーガレットのよくあるご質問

avatar
よくあるご質問にお答えします!
Q
切り花にする場合に気を付けたらよいことはありますか。
A

庭や鉢で育てたマーガレットを切り花にする際は、朝か夕方以降の涼しい時間帯に切り取りましょう。

Q
花色の濃さはどうやったら調整できますか。
A

マーガレットの花色は、気温と紫外線に影響されます。気温が低いと花色が濃く発色し、また紫外線量が多くなると花色が濃くなります。淡い花色を楽しみたい場合は、午後は軒下に移動させるなどして、紫外線の量を調整してみてください。濃い花色を楽しみたい場合は、日当たりの良い場所で育ててみてください。

Q
ストロベリーホイップが、白色から赤色に変化しました。色の変化は何パターンかあるのでしょうか。
A

マーガレットの花色は、気温と紫外線に影響されます。気温が低いと花色が濃く発色し、また紫外線量が多くなると花色が濃くなります。それらの要因が影響して色の変化が変わったものと予想されます。基本的には、ストロベリーホイップは赤い蕾→ピンク→白色と花色が変化します。

マーガレットのトリビアの答え

正解:「01」でした!

マーガレットの花名は、真珠を意味するギリシア語の「Margarites(マーガライト)」が由来しています。

トリビアは、基本情報のページに掲載されています。

\マーガレットについてもっと知りたい方はこちら/
基本情報