ユーフォルビア(トウダイグサ科)とは

ユーフォルビアとはトウダイグサ科の植物を総称した呼び方です。花の鑑賞を楽しむユーフォルビアや多肉植物や低木のユーフォルビアと多くの種類が存在しますが、ここでは、純白の小さな苞(ほう)が散りばめられたように咲くトウダイグサ科ニシキソウ属のユーフォルビアの上手な育て方をご紹介します。

ユーフォルビア ダイアモンドフロストなど

ユーフォルビアホワイトガーデン

PWのユーフォルビアは繊細な雰囲気とはうらはらに、性質は強健。夏の暑さや乾燥にも強く、一度植えると春から晩秋…それどころかなんと霜が降りるまで花を楽しむことができます。夏の暑い時期は花が少なくなる植物が多い中でも途切れなく咲き、そのうえ摘芯や花がら摘みなどの手間もほとんどかからない育てやすい植物です。

栽培カレンダー

ユーフォルビアダイアモンドフロスト栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。

ユーフォルビア ダイアモンドフロストなどの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの
土の選び方

草花用培養土

排水性のよい土を選びます。病気や害虫を避けるため、新しい土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

液肥を週1回程度、置き肥(緩効性)を月1回あげてください。

鉢の選び方

鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
ユーフォルビアの管理方法

植えつけ

植えつけ時に元肥を十分に施し、オルトラン等の粒剤を撒いておきましょう。買ってきた花苗(9~10.5㎝ポット苗)は初めは二回り大きな15㎝~20㎝位の鉢に植えつけ、根が張ってきたら30㎝前後の鉢に植え替えましょう。

根が張ってくると、地上部が大きくなり、鉢底穴から根が見えたり水が乾きやすくなる症状がみられます。植え替えの際に、根を痛めないように抜いた苗は根を触らないようにし、根がぎっしり張っていないか確認してください。

日当たり・置き場所

ユーフォルビアは、1日中日光がよくあたる場所に置いて(植えて)ください。1日6時間以上の日光があたる場所が最適です。

水のあげ方

鉢の土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷり水をあげてください。秋以降は徐々に水やりの頻度を少なくし乾かし気味に育ててください。

肥料のやり方

緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください。

病害虫の予防と対策

植えつけ時にオルトラン等の粒剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。

お手入れ

特に切り戻しの必要はありませんが、形よく仕立てるには、4月~5月ごろに株の1/2~1/3程度に切り戻します。すると、株元から新芽が吹いてきます。

夏越し

ユーフォルビアは真夏でもお花が休むことなく咲き続けます。台風などの強風やゲリラ豪雨で株形が崩れる心配がある場合は、1/2~1/3程度に切り戻しておくと安心です。

冬越し

ユーフォルビアが耐えることができる最低温度は、目安として5℃です。耐寒性があるわけではないので、冬は屋内に取り込むなど冬越し対策をしてください。光量が弱い屋内条件でも耐えることができるので、よく日が当たる窓辺であれば観賞を楽しみながら冬越しできる可能性があります。

ユーフォルビアの水栽培
ユーフォルビアダイアモンドフロストの冬越し

@risa_room様は、2節程度にカットしたユーフォルビア ダイアモンドフロストとユーフォルビア ダイアモンドスノーを、水差しに入れてお部屋で冬越しチャレンジしてくださっています。

ユーフォルビアダイアモンドフロストの冬越し

窓辺の明るいところで保管したら、2週間ほどで根がこんなに出てきたそうですよ!春になってまた植えつけるのが楽しみですね。是非皆さんも参考にしてみてください。

挿し木や挿し芽にして増やしたブランド苗を、無断で人に譲ったり売ったりすることは「種苗法」という法律で禁止されています。生産者や品種開発者を守るためにも、増やした苗は人に譲ったりせずに、自宅で楽しむだけにしてくださいね。
avatar
ここがポイント!
特別な管理は必要ありません 手間なく簡単に長くお花を楽しめます

管理情報

開花期:春~晩秋

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度:約5℃

耐寒性ゾーン:10b~

水やり:土の表面が乾いたら、たっぷりあげてください

置き場所:日なた

肥料:ふつう

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

草丈

草丈:品種により異なります

株幅

株幅:品種により異なります

この植物の冬越し可能エリアを確認

アイコンの説明はこちら

よくあるご質問

Q
切り戻しは必ずした方がいいですか。
A

切り戻しは必ずする必要はありませんが、形よく仕立てるには、4月~5月ごろに株の1/2~1/3程度に切り戻します。新芽が吹き、がっしりとした株で再び花が楽しめます。切り戻しについて、さらに詳しい情報はこちら

Q
株の中心から太い茎が出てきました。周りのお花とのバランスが悪いのでカットしてもいいでしょうか。
ユーフォルビアダイアモンドスノー
A

株姿のバランスが悪くなり、栄養が勢いの良い枝に集中して周りにいきわたらなくなってしまいやすいので、草姿を整えるように周りの枝の高さに合わせて切り戻しした方がよいかと思います。

購入できるお店

ユーフォルビアを販売しているお近くのお店をご案内いたします!

トリビアの答え

avatar
正解は「2」
ユーフォルビア ダイアモンドフロストはその真っ白な草姿が天の川を連想するかすみ草に似ていることから、7月7日は「かすみ草」の日であり「ユーフォルビア ダイアモンドフロスト」の日になりました。

トリビアは、基本情報のページに掲載されています。