ホタルブクロとは

ホタルブクロは、キキョウ科ホタルブクロ属の釣鐘状の花を咲かせるカンパニュラで、カンパニュラの中で最も耐暑性に優れていると言われています。別名:チョウチンバナとも呼ばれています。

主な花色は白色やピンク色で、地下茎を伸ばしながら増えていきます。手間をかけずに何年も育てることができる山地や平地に分布する宿根草です。

カンパニュラ マジェスティックブルーとは

カンパニュラマジェスティックブルー

カンパニュラ マジェスティックブルー は暑さに強く、生育旺盛なハイブリッドホタルブクロです。ベル形のホタルブクロには珍しい濃い青色の花が印象的です。一般的なホタルブクロが苦手な日なたでも育ちます。草丈がコンパクトで地下茎で横に這いながら年々株が広がっていきます。

ここでは、そんなカンパニュラ マジェスティックブルーを上手に育てる育て方をご紹介します。

栽培カレンダー

カンパニュラマジェスティックブルー栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。高温時は花が休みます。

カンパニュラ マジェスティックブルーの育て方

avatar
準備するもの
土の選び方

草花用培養土

水はけのよい土を選びます。
病気や害虫を避けるため、新しい土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

元肥のほかに、開花期は液肥を週1回程度あげてください。

鉢の選び方

鉢底網を敷いてください。地植えの場合は不要です。

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
カンパニュラ マジェスティックブルーの管理方法

植えつけ

買ってきた花苗(11㎝トールポット苗)は、真夏と真冬を除いて周年植えつけ可能です。初めは二回り大きな20㎝~25㎝位の鉢に植えつけ、根が張ってきたら30㎝前後の鉢に植え替えましょう。春と秋の植えつけ適期以外は根を傷めないように十分注意してください。

根が張ってくると、地上部が大きくなり、鉢底穴から根が見えたり水が乾きやすくなる症状がみられます。

植えつけ時に元肥を十分に施し、害虫防除のためにオルトラン粒剤等の殺虫剤を撒いておきましょう。

日当たり・置き場所

カンパニュラ マジェスティックブルーは、1日中日光がよくあたるもしくは午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる、風通しの良い場所で育ててください。

夏には、直射日光を避けた風通しのよい涼しい場所で育ててください

水のあげ方

鉢植えの場合

鉢の土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水をあげてください。冬季は葉色が変化して葉数が減ったり、地上部がなくなったりしますが土中に根があり発芽準備をしていますので、水を切らさないように管理してください。

地植えの場合

雨水だけで十分です。ほとんど水やりをする必要はありません。

肥料のやり方

植えつけ時に元肥を十分に施した後、花が咲いている時期には、緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(1,000~2,000倍)を1〜2週間に1~2回程度あげてください。

病害虫の予防と対策

植えつけ時に害虫防除のためにオルトラン粒剤等の殺虫剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。

病気

特に心配ありません。

害虫

葉や蕾にかじられた跡のような穴が開いたり、葉が薄皮だけになって白っぽく変色したり、黒い粒のような糞が見られたら要注意です。一夜にして葉が大量に食われたのに虫がいない!というような被害が出る場合は、ヨトウムシの仕業である可能性が高いです。見つけたら捕殺しましょう。

切り戻し・花がら摘み

カンパニュラ マジェスティックブルーは、花が咲き終わったら花がら摘みをしてください。花がら摘みは、枝から切り取るよりも枝を残して花だけを切り取るようにしましょう。

花がついている時は切り戻しはしない方がよいです。全ての花が咲き終わったら、花がら摘みを兼ねて全体的に花茎を切り取ってください。

夏越し

夏の暑さは苦手とするため、午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所で育てるのが理想的です。よしずや遮光ネットで風通しを確保しながら西日を遮るなどして、真夏の直射日光が当たらないように夏越ししてください。

冬越し

カンパニュラマジェスティックブルーの冬越

カンパニュラ マジェスティックブルーが耐えることができる最低温度は、目安としてー10℃になります。日本全国ほとんどの地域で屋外で冬越し可能です。

カンパニュラマジェスティックブルーの萌芽

春の萌芽の様子です。新芽を残して、枯葉は全て取り除きましょう。冬越ししたカンパニュラ マジェスティックブルーは、さらに大きな株に生長します。

植え替え

鉢植えの場合

鉢植えで育てている場合は、春や秋に植え替えをしましょう。

地植えの場合

地植えで育てている場合は、植え替え不要です。地下茎が伸びて、株の拡がりが気になるようでしたら、春や秋に株分けをしてください。

avatar
真夏は直射日光を避けて育ててください

管理情報

開花期※:春~秋

耐性

耐性:耐寒性多年草

最低温度:ー10℃

水やり:ふつう

置き場所:日なた、半日陰

草丈

草丈:10~20cm

株幅

株幅:20~30cm

肥料:ふつう

鉢植え/プランター

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

耐暑性アイコン

※開花期:高温時は花が休みます。

アイコンの説明はこちら

カンパニュラのよくあるご質問

Q
カンパニュラ マジェスティくブルーの花が咲き終わりました。切り戻しをした方がよいでしょうか。
A

カンパニュラ マジェスティックブルーは、晩春の全ての花が咲き終わった後に花茎から切り戻しをすると、秋に再び花を咲かせます。

カンパニュラ マジェスティックブルーを購入できるお店

カンパニュラ マジェスティックブルーを販売しているお近くのお店をご案内いたします!