スーパーチュニアとは

夏の花壇の定番ともいわれるペチュニアは、ガーデニング初心者にとって最も育てやすいお花の1つです。 大きい花から小さい花、明るい色からシックな色、様々な模様のたくさんの種類のペチュニアがありますが、 中でも育てやすい強い性質を持つのが「スーパー」な「ペチュニア」、その名もスーパーチュニアです。

スーパーチュニアは、雨に弱かったペチュニアの弱点を克服しました。たとえ長雨で花が傷んだとしても強健で生育が早いため、すぐに回復します。また暑さや蒸れにも強いため真夏の直射日光の下でもすくすくと育ち、早春から晩秋まで長く咲き続けます。切り戻しをしなくても次々と分枝しボリュームたっぷりに育つので、初心者におすすめの植物です。そのパフォーマンスは、数々のフラワーコンテストの受賞を獲得してきたことが証です。ここでは、そんなスーパーチュニアを上手に育てる育て方をご紹介します。

スーパーチュニアの育て方

avatar
わたしがご案内!
ご用意するもの

はとても重要です。

土の選び方

草花用培養土

水はけが良い土を選びます。
病気や害虫を避けるため、新しい用土のご使用をおすすめします。

肥料のあげ方

肥料

元肥のほかに、液肥を週1回程度、置き肥(緩効性)を月1回あげてください。

鉢の選び方

30cm前後の鉢がおすすめです。鉢底網を敷いてください。(地植えの場合は不要です。)

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
咲かせてね!
スーパーチュニアの管理方法

日当たり・置き場所

スーパーチュニアは、1日中日光がよくあたる場所に置いて(植えて)ください。1日6時間以上の日光があたる場所が最適です。


水のあげ方

春、秋は1日1回。夏は水枯れしないように1日2回程度、最低でも1日1回はあげてください。真夏は特に水切れに注意します。鉢の土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりとあげてください。


肥料のやり方

植えつけ時に元肥を十分に施した後、開花期は、緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(500~1,000倍)を1〜2週間に1~2回程度あげてください。

肥料切れに注意してください

植えつけ時に元肥を十分に施した後、開花期は、緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(500~1,000倍)を1〜2週間に1~2回程度あげてください。


病害虫の予防と対策

植えつけ時にオルトラン等の粒剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。ナメクジには、ナメクジ駆除剤の利用をおすすめします。

病気

春と秋に葉に白い粉のようなものがついていたら、うどんこ病の可能性があります。風通しの良い場所に移して株が蒸れないようにしてください。


切り戻し(お手入れ)

長くきれいな状態を保つために、草姿が乱れてきたら、切り戻しをしましょう!切り戻しすると、枝が分かれて株がさらに充実します。株が傷んでいなければ、梅雨入り前と8月頃の2回、元気な葉がたくさん残して茎の1/3程度まで切り戻しをすると、晩秋まで長くお花を楽しめます。切り戻しの後は、たっぷりの水やりと肥料やりをするようにしてください。また、花がらはまめに取り除くと、より長くたくさんの花を楽しめます。

切り戻し前

形が乱れ、株元が蒸れて枯葉も目立ってきたら、思い切ってばっさりと切り戻すタイミングです。

スーパーチュニアビスタ ペチュニア

切り戻し後

枝が分かれて株がさらに充実します!植物が蒸れて傷みやすい梅雨前などに行うと効果的です。

スーパーチュニアビスタ ペチュニア

約3週間後

綺麗に咲き誇りました。


冬越し

冬越しにチャレンジする場合は、冬に花が終わったら元気な葉を多く残して切り戻しをし、霜の下りない軒下などに移動してください。スーパーチュニア ビスタが耐えることができる最低温度は、目安として0℃です。根が凍ってしまうと枯死してしまうので、なるべく霜のあたらない場所に置きます。

ペチュニア スーパーチュニアビスタの冬越し

2021年は愛知県でも数回雪が降り積もりました。庭木の下で寒さ対策をしたスーパーチュニア ビスタの様子です。冬の間は週1~2回程度の水やりで乾かし気味に育てます。

3月になり温かくなったら、花が咲き始めました。通常の水やり(春は一日一回)や肥料やりに戻し、日当たりが良い場所に移動します。


avatar
秋まで楽しんでね!
栽培カレンダー
ペチュニアスーパーチュニア栽培カレンダー

※関東地方以西基準になります。

avatar
ここがポイント!
たくさんの花を咲かせるためには、肥料を切らさないようにしてくださいね。

管理情報

開花期:春~秋

耐性

耐性:非耐寒性/多年草

最低温度※:約0℃

耐寒性ゾーン※:10a~

水やり:土の表面が乾いたらたっぷりあげてください

置き場所:1日中日光がよくあたる場所

肥料※:植えつけ時に元肥を十分に施した後、緩効性の置き肥を1ヵ月に1回程度、液肥(500~1,000倍)を1~2週間に1回程度あげてください

用途:プランター/鉢植え、花壇、ハンギング

草丈

草丈:品種により異なります

株幅

株幅:品種により異なります

※最低温度:目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります。
※肥料:元肥とは花苗を植えるとき、事前にあげる肥料のことです。緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことです。
※耐寒性ゾーン(Hardiness Zone):寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標です。

この植物の冬越し可能エリアを確認

よくあるご質問

avatar
よくあるご質問にお答えします!

冬越しについて

Q
スーパーチュニアは、非耐寒性多年草と記載がありますが、一年草ですか。
A

基本的に一年草です。お住まいの地域や栽培環境によっては冬越しも可能なため非耐寒性多年草と記載しておりますが、翌年も同じように咲く保証はございません。

Q
スーパーチュニアの冬越しに挑戦したいのですが、どうしたらよいですか。
A

スーパーチュニアはお住まいの地域によって冬越しの準備が必要になります。ガーデニングの冬越しのコツを参考にして、冬支度をしてみてください。

切り戻しについて

Q
切り戻しは必ずした方がいいですか。
A

切り戻ししなくてもたくさん分枝するので、秋までお花をお楽しみいただけます。ただし、草姿が乱れてしまった場合や、梅雨が始まる前にも関わらず株元が蒸れてしまっている場合は、切り戻しをした方がキレイな草姿を長くお楽しみいただけます。
切り戻しについて、さらに詳しい情報はこちら

Q
たくさんの花を咲かせるには、いつ切り戻しをしたらいいですか。
A

株が傷んでいなければ、梅雨入り前と8月頃の2回程度切り戻しをすると、晩秋まで長くお花を楽しめます。秋に切り戻しをする場合は、伸びて不格好になった部分だけ枝を切り取る程度にしてください。
切り戻しについて、さらに詳しい情報はこちら

発生している症状について

Q
葉に白い粉のようなものがついていますが、大丈夫ですか。
A

うどんこ病の可能性がございます。風通しの良い場所に移していただき、薬剤を散布してください。
害虫対策についてさらに詳しい情報はこちら

購入できるお店

avatar
お待ちしています!

スーパーチュニアを販売しているお近くのお店をご案内いたします!

\全国の園芸店、ホームセンター等で販売しております/
お近くの販売店はこちら

ペチュニアのトリビアの答え

正解は「02」

「タバコ属として紹介されたため南米でタバコを意味する「Petun」ペチュンが由来している」でした

トリビアは、基本情報のページに掲載されています。

\スーパーチュニアについてもっと知りたい方はこちら/
基本情報