ヒメウツギ(姫空木)とは

ヒメウツギ(姫空木)は、ユキノシタ科ウツギ属の落葉低木で、春に新しい芽をつけ枝いっぱいに小花を咲かせます。日本の山々によく咲く花木で植えっぱなしでも大丈夫な強い植物ですが、樹高は1m未満とコンパクトで扱いやすく庭木としても人気があります。純白やピンクの花と緑の葉のコントラストが魅力的な花木です。

PWのヒメウツギとは

ヒメウツギユキチェリーブロッサム

PWのヒメウツギは、直射日光にも強く改良されたヒメウツギ(姫空木)です。マウンド状に育ちグランドカバーにも、コンパクトなサイズなので鉢植えにも最適です。秋にワイン色に紅葉した葉も美しく、季節によってさまざまな姿を楽しめるのも魅力です。

ここではそんなヒメウツギを上手に育てる育て方をご紹介します。

栽培カレンダー

ヒメウツギ栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。

ベビー苗について

ヒメウツギベビー苗

PWのヒメウツギは、植えつけ初年度に育てて翌年以降に花を楽しめるベビーサイズの苗木「ベビー苗」の販売もしています。ベビー苗は、その年は花が咲かない場合がありますが、冬越しをすると翌年花を咲かせます。

晩秋に休眠期に入った時に「花が咲かないまま枯れてしまったわ」と廃棄しないようにしてくださいね。

※落葉樹ですので秋冬出荷の場合は葉色が変わっている場合や、落葉し地上部は枝のみの場合がございますが、品質には問題ございません。

ヒメウツギの育て方

avatar
準備するもの
土の選び方

培養土

特に土質は選びませんが、水はけのよい土を好みます。

肥料のあげ方

肥料

植えつけ時に元肥を施し、1~3月と開花後の年2回、肥料をあげてください。

ガーデニングあると便利な道具

その他道具

スコップ、水やり道具、ガーデングローブ(軍手)、ハサミなどがあると便利です。

avatar
ヒメウツギの管理方法

ヒメウツギの日当たり・置き場所

1日中日光がよくあたる場所、もしくは午前中に日光がよくあたり午後は木陰のような日陰になる場所に植えて(置いて)ください。半日陰でも花は咲きますが、たくさんの花を咲かせるにはなるべく日なたで育てるようにしてください。耐寒性があるので、日本全国戸外で育てることができます。

夏の強い西日を苦手とするので、地植えの場合は夏の西日を避けた場所に植えるか、よしずなどで西日を避けるようにしましょう。鉢植えの場合は木陰などの半日陰に移動させましょう。

排水性がよく適度な湿り気のある土壌を好みますが、極端な乾燥を避ければどんな土壌でも育てることができます。

ヒメウツギの植えつけ

買ってきた苗(15㎝PWポット苗やベビー苗)は、真夏と真冬を除いて周年植えつけ可能です。春と秋の植えつけ適期以外は根を傷めないように十分注意してください。

鉢植えの場合

初めは二回り大きな鉢に植えつけ、根が張ってきたら30㎝前後の鉢に植え替えましょう。マグアンプKの中粒(効き目1年)か大粒(効き目2年)を、予め元肥として培養土に混ぜておきます。他は一般的な花苗と植えつけ方法は変わりません。以下を参考にして植えつけをしてみてください。

根が張ってくると、地上部が大きくなり、鉢底穴から根が見えたり水が乾きやすくなる症状がみられます。
地植えの場合

以下を参考にして植えつけをしてみてください。

ヒメウツギの水のあげ方

地植えの場合

根が張れば特に水をあげる必要はありません。雨が降らない日が続いて、土が乾いているようであれば適宜水をあげてください。

鉢植えの場合

土が乾いているようであれば適宜たっぷりと水をあげてください。

ヒメウツギの肥料のやり方

ヒメウツギは、植えつけ時に元肥を施し、年2回1~3月と花が咲き終わった後に肥料をあげてください。

1~3月にあげる寒肥(かんごえ)は、翌年の花を立派に咲かせるためのもので翌年の花の生長の決め手となる重要な肥料です。寒肥(かんごえ)には、緩効性の有機肥料をあげましょう。

花が咲き終わった後にあげるお礼肥(おれいごえ)は、新芽を生長させるためのものです。即効性の化成肥料をあげましょう。

ヒメウツギの病害虫の予防と対策

害虫

アブラムシの主な繁殖期は4~6月と9~10月です。この時期にアブラムシが発生することがあります。アブラムシは、単為生殖で、雌が1匹いれば増え続けることができる害虫です。アブラムシを見かけたら、たくさんついてしまった部分は切り落とし、残ったアブラムシが再繁殖する前にアブラムシに効果がある薬剤を散布してください。

病気

葉がたくさん茂り蒸れると、うどんこ病に感染することがあります。葉が白く粉がついているような状態になったらうどんこ病の可能性があります。うどんこ病にかかった葉はすぐに取り去りましょう。また、枝をすきこんで剪定をし風通しをよくしてください。

ヒメウツギの剪定

ヒメウツギは、花が咲き終わった後に伸びた枝に翌年の花芽をつける旧枝咲きのシュラブ(低木)です。まとまりよく育つので原則剪定不要ですが、樹形が乱れて剪定が必要な場合は、晩春の花が咲き終わった後に樹形を整えましょう。

7月を過ぎると翌年の花芽を付けるので、むやみに剪定すると翌年花が咲かなくなるので注意しましょう。

ヒメウツギの冬越し

ヒメウツギが耐えることができる最低温度は、目安として約ー28℃です。日本全国、日本全国戸外で育てることができる耐寒性のある低木です。

ヒメウツギユキチェリーブロッサム

ヒメウツギは、寒くなると落葉する低木です。冬は地上部を枯らしますが根は生きているので、春の芽吹きを楽しみにしていてください。

ヒメウツギユキチェリーブロッサム

3月頃暖かくなると、根元から新しい葉が芽吹いてきます。枯れた枝を切り取り、春の生育期に備えてください。

5月の庭PWガーデン

目安として4~5月には、たくさんの花を咲かせます。枝がしなやかでグランドカバーのように茂ってくれます。

ヒメウツギの植え替え

鉢植えの場合

鉢植えで育てているヒメウツギは2年に一度は植え替えすることをおすすめします。休眠期に二回りほど大きな鉢や地植えに植え替えるようにしてください。

植え替えは、葉を落とした後の休眠期に行います。関東以西の暖地では、落葉して休眠期に入る11月下旬から翌年の3月頃までが植え替え時期です。寒冷地では、寒さで株が傷まないように、11月下旬から翌年の立春(2月上旬)までに植え替えをするといいでしょう。

鉢増しすることが難しい場合は、以下の植え替え方法を参考にして来年も同じ鉢サイズでお楽しみください。

地植えの場合


地植えの場合は、植え替えの必要はありません。

avatar
手間いらずな低木です

管理情報

開花期:春

タイプ:落葉性

新枝咲き旧枝咲き新旧両枝咲き

タイプ:旧枝咲き

剪定期:原則不要

最低温度:約ー25℃

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: hight_icon.png

樹高:30~60cm

植栽距離

樹幅:30~60cm

置き場所:日なた、半日陰

耐暑性アイコン

アイコンの説明はこちら