お庭やベランダできれいに咲いたお花を、切り花にして家の中でも楽しんでみませんか。

ここでは、花壇やガーデンの花を切り花にして楽しむ方法やおしゃれに見える生け方、カッティングガーデニングにおすすめの花をご紹介します。

切り花ガーデニングの魅力

切り花を楽しむ カッティングガーデン

切り花を楽しむガーデニングは、家の中でも美しく咲いた花を飾って楽しめるのがなによりの魅力。ガーデニングで咲いた花を飾るのは、大きな花束やフラワーアレンジメントを飾るのとはまた違う楽しみ方があります。

1輪しか咲かない花を切るのは忍びないですが、次々と咲く花や切り戻しをしたついでに飾って楽しむのならトライしやすいのではないでしょうか。

部屋に花が1輪あるだけで、空間が明るく生き生きとしてきます。花を飾るためにちょっとテーブルを片付けたり、花を生けるコーナーを作ったり。庭の花を暮らしに取り入れることが生活に潤いを与えてくれます。

洗面所やチェストの上、ベッド脇のサイドテーブルなど、いつも花を生ける場所を決めておくのもおすすめです。

ぜひお気に入りの場所に、お気に入りの器で、ガーデンに咲いた花を飾ってみましょう。

切り花を長持ちさせるポイント

切る場所

アナベルの花後の剪定

花を切る時は次に上がってくる芽や蕾のことを考えて、脇芽のある場所の上で切りましょう。そこから新しい茎が伸びて次の花が咲き、庭の花を長く楽しむことができます。

水揚げ方法

切り花を楽しむ カッティングガーデン

花を生ける前に、水の吸収を促し切り花として長く楽しむために水揚げという作業を行います。最初にたくさん水を吸わせてあげれば切り花にしてからの持ちも変わってきます。朝のうちに花を切って光合成が盛んな朝~昼間の間に水揚げをすると効果的です。

水切り

一番簡単な水揚げは水切りという方法です。少し深めの水の中に茎を浸し、水中で水を吸う断面積を多くするために茎を斜めにカットします。あとは、そのまましばらく水につけておけば大丈夫です。水を吸い上げる導管をつぶさないように、カットするハサミは切れ味の良いものを使いましょう。

湯揚げ

水切りだけで水が上がりにくいクリスマスローズやアジサイ、ライラックなどには湯揚げという方法がおすすめです。沸騰したお湯を器に入れ、切り口を20~30秒ほどつけたあと、すぐに冷たい深めの水につけてしばらく水を吸わせます。この方法はかなりぐったりしてしまった花にも有効なので、覚えておくといいですね。

なお、アジサイは切り口にミョウバンをすり込んでおくと水が上がりやすく、切り花にしても長持ちします。

水の取り替え

花を生けた水は油断すると雑菌が繁殖してすぐに濁ってきてしまいます。花を生けたら、できれば毎日水を変えてあげましょう。もし器の内側がぬるぬるしていたら食器用洗剤できれいに洗ってぬめりを取り除き、生けた花の茎も少し切り戻します。バイ菌の繁殖を抑えて花を長持ちさせるために、切り花用の延命剤を使うのもおすすめです。

切り花をおしゃれに飾るポイント

花瓶の選び方

切り花を楽しむ カッティングガーデン

庭や鉢で育てた花は、売っている花とは異なり茎が短かったり曲がっていたり。そんな個性豊かな表情を生かすために、器は大きな花瓶ではなく、ジャムの瓶やピッチャー、ワイングラス、ティーカップなど、身近な雑貨を使ってみましょう。茎の短い花も生けやすく、小さなスペースにも飾りやすいのが利点です。

紫陽花のように大型の花は花瓶に生けてもいいですね。ただ、茎を圧迫するような口が狭い花瓶は水が揚がりにくいことがあるので、茎を短めに切り口の広い器に生けるのもおすすめです。

生け方のポイント

切り花を楽しむ カッティングガーデン

生ける際にはまず下準備。茎が曲がっている場合は生けにくいので、茎が曲がるすぐ上で水切りをします。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

また、葉が水に浸かっていると水が腐りやすくなるので、水に浸かる部分の葉は落としておきましょう。

【初心者向け】1種類の花を生けてみよう

初めての方にもおすすめなのが、一種類の花を一つの器に飾る方法です。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

器と花のボリュームを、1:1程度にするとバランスよく見えます。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

次の花穂が立ち上がり、最初に咲いた花が地面に倒れて曲がってしまったスーパージギタリス ベリーカナリー 。花穂の下から次々と咲きあがっていくため、花が残っているのは先端だけ。そろそろ切り取って…という際も、捨てずに最後まで生けて楽しみましょう。茎の曲がりを生かして小さなガラスの器に斜めに指すだけで様になります。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

短く切ったアジサイなどは、足付きの浅い器に生けると高さも出ておしゃれに見えます。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

茎を斜めに置くように、花を器の縁に寄りかからせて生けるとセンスアップします。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

高さのあるスーパーサルビア ロックンロールなどの花は細長い器に生けましょう。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

この時、ただ下まで挿しただけだと棒立ちに。おしゃれに見せるには、少し角度をつけて生けるのがポイントです。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

バーベナ メテオールシャワーなどの高さがあり直線のラインが目立つ花は単調になりがちになります。花の高さを変えて、細長いアンティーク瓶に生けて並べて飾ってみましょう。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

庭で咲いたつるバラなどは、茎を長く切るのは難しいですよね。そんな場合は、大きめのお皿に水を張って花を浮かべて楽しみましょう。全面に花を浮かべてもいいですが、少し余白を残すのもおしゃれですよ。

【上級者向け】花や色を組み合わせてみよう

切り花を楽しむ カッティングガーデン

クリーム色のカフェオレボウルに、淡いイエローのミニバラとブルーのルビナスを生けました。反対色の組み合わせでも淡い色だったら優しい雰囲気に仕上がります。このような雑貨の器に生ける時は、あえて器の縁に花を寄りかからせるようにすると上手に生けられます。最後にグリーンを添えれば出来上がりです。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

さまざまな色のビオラを四角いガラスのキャンドルホルダーに生けて透明感を楽しみます。同じ種類の花の場合は幅広い色合いでもまとまりが良いので、ペチュニアなどでも試してみてください。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

咲き終わりでそろそろ花色が変わってきたアジサイ。翌年の花つきを考えるとそろそろ切り取らないと…という時は、ぜひ飾って最後まで楽しみましょう。ここではブリキのジョウロにこんもりと生けていますが、口の広い器だったらなんでも大丈夫。徐々に水を減らしてこのままドライにして楽しめます。

切り花を楽しむ カッティングガーデン

庭で咲く花は茎が曲がっている場合も多いもの。そんな花をまとめてざっくりと、乳白色のピッチャーに生けています。片側に流れるようなバランスにするとこなれて見えます。

切り花におすすめのお花の選び方

たくさん咲く花

一輪しか咲かない花を切り花にするのはちょっと勇気がいりますよね。その点、一株にたくさん咲く花だったら躊躇せずに切り花にして楽しめます。カッティングガーデンを楽しみたければ、花苗を選ぶ際に花がたくさん咲く品種を選びましょう。

次々と咲く花

次々と咲く花は切り花にぴったり。多少切ってもすぐに次の花が咲いてくれるので、切り花にしてしまって花壇が寂しくなってしまうという心配もありません。逆に、切ることでどんどん脇芽が伸びて花数も増えるので一石二鳥です。

花もちがいい花

長く咲く花も切り花に向いています。例えばアンスリュームのように長持ちする花は切り花にしても長く楽しめるので、切ったけれどすぐに散ってしまって残念、ということになりません。

切り花を楽しむお庭の花

ゴンフレナ ラブラブラブ

分類:ヒユ科ゴンフレナ属
花言葉:不滅の愛、不朽

分枝性が良く、大きな株に成長してたくさんの花が咲くゴンフレナ ラブラブラブ。高温多湿や乾燥、強い日差しにも強く、50~70cmほどの草丈で花が途切れなく長く咲きます。もともと乾燥している花なので、そのままドライフラワーのリースやスワッグとして楽しむのもおすすめ。ぜひ切り花としても楽しんでください。

ルドベキア アーバンサファリ

分類:キク科ルドベキア属
花言葉:正義、公平

洗練されたアースカラーの花が印象的なルドベキア アーバンサファリ。分枝性・連続開花性に優れ、栽培も簡単でローメンテナンスで良く育ちます。花色はフォレストグリーンやキャニオンレッド、サバンナサンセット、サハライエローの4種類。たくさんの枝から豪華な花が次々と咲き、そのうえ1つの花が1カ月以上もの長い間枯れないので、切り花にも惜しげなく使えます。

チョコレートコスモス チョカモカ

分類:キク科コスモス属
花言葉:恋の思い出

おしゃれなチョコレートカラーのチョコレートコスモス チョカモカは春から秋まで長い間、枝分かれしながらたくさんの花をつけるので、切り花にしてお部屋に飾るのにもぴったり。ほんのりとしたチョコレートの甘い香りと花色を楽しんでください。

ヘリオプシス サマーパレット

分類:キク科ヘリオプシス属
花言葉:細やかな気配り、憧れ、崇拝

長期間咲き続けるヒメヒマワリ、ヘリオプシス サマーパレット。分枝性に優れた見ごたえのある大型タイプのヒメヒマワリなので、切り花としてもおすすめです。花もちがいいので、水替えしながら長く楽しんでくださいね。

レウカンセマム デイジーメイ

分類:キク科レウカンセマム属
花言葉:忍耐、寛容、寛大

マーガレットに似た純白の花びらを持つ花がびっしりと咲く、超多花性のレウカンセマム デイジーメイ。寒さに強い宿根草で、晩春から夏まで花を楽しめます。花の直径は4~5cmとボリュームたっぷり。これだけたくさんの花が咲くと切り花としてたっぷりと飾ることができますね。

ガーデンカラジウム ハートトゥハート

分類:サトイモ科カラジウム属
花言葉:歓喜、喜び、爽やかさ

ガーデンカラジウム ハートトゥハートは、1枚の葉の長さも5~8cmと大きめで、ハート型の葉をたくさん茂らすカラジウムです。日本の高温多湿の気候を得意とし、直射日光があたる場所はもちろん日陰から半日陰の場所でも室内でも観葉植物としても育てることができます。花瓶に生けても数カ月カットリーフを楽しめます。

アナベル(アメリカあじさい)

分類:アジサイ科アジサイ属
花言葉:ひたむきな愛、辛抱強い愛情

アジサイにはさまざまな種類がありますが、アメリカあじさいや一般的なハイドランジアは花もちも良く、切り花としてもドライフラワーとしても楽しめます。なかなか庭に出られない梅雨時でも、ボリュームある美しい花を部屋に飾って心和むひと時を過ごしましょう。

まとめ

花を部屋に飾ると運気もよくなると言われています。次々と咲く花やたくさん咲く花、切り戻しをした花なら気軽に切り花として飾れるので、おすすめです。

PWには分枝性がよくたくさんの花を咲かせる、切り花としても楽しみやすい品種がそろっています。庭や花壇で育てるだけでなく、ぜひ切り花としても暮らしの中で花を楽しんでくださいね。