ガーデニング超初心者 ペチュニアの育て方

夏の花を選ぶポイント

近年、植物の品種改良が日々進化し、夏に強い花がめざましく進化していることをご存知でしょうか。病害虫に強く丈夫で手間いらず、それでいて可愛らしい夏の花がたくさん開発されています。そんな暑さに強い夏の最強品種で夏のガーデニングをお花いっぱいに楽しんでみませんか。ここでは、ガーデニング初心者にも育てやすい、暑さにとことん強い最強の品種をカラー別にご紹介します。

夏の花壇を作るポイント

GWが明けて冬花壇のお花たちが徒長し始めると、冬花壇から夏花壇に植え替えをする時期です。年中花でいっぱいの花壇をつくるには、開花期が長い花を選ぶと、植え替え回数も少なく済みます。また、真夏の花が少なくなる時期にも休むことなく開花する猛暑に強い夏の花を選ぶのもポイントになります。日本の高温多湿の真夏の気候でも元気に育つ、日差しの強さをエネルギーに代えてずっと満開の状態が続く夏の花!夏花壇の花選びの参考にしてみてくださいね。

夏おすすめの青い花 紫の花

涼し気な雰囲気のブルー系の花は夏花壇には欠かせません。紫色の花は大人っぽくおしゃれな印象にしたい時にもおすすめです。

スーパートレニア カタリーナは、日本の暑い夏を爽やかに演出する澄んだ色で「ブルーリバー」「ピンクリバー」「アイスリバー」の3品種を展開しています。その名の通り、リバー(川)のようにしだれる草姿が美しくハンギングや寄せ植えにもおすすめです。

スーパーサルビア ロックンロールは、大人っぽい紫色が落ち着いた雰囲気のサルビア。葉も美しく、花が咲くまではグリーンとしても活躍してくれます。霜が降りる初冬頃まで咲くので、一度植えると長い期間植え替えなしで楽しめるのも魅力です。真夏でも日当たりの良い場所で育てましょう。

アメリカンブルーの名前で知られているエボルブルス。エボルブルスブルーラグーンは、生育旺盛で分枝力に優れ、寄せ植えやグランドカバーにおすすめです。地植えなら、その名の通りブルーラグーンのように地面を覆い尽くすように咲き誇り、爽やかなブルーガーデンが楽しめます。

草丈は50~70cmと高く、花茎の間にできる空間から風がそよそよと抜け、花壇での立体感のある植栽や高低差ある寄せ植えなどに大活躍します。花数、分枝ともに多く、淡いラベンダーブルーの花房が春から晩秋まで長く咲き続けます

夏おすすめの白い花

どんな色の花とも馴染む白い花。雪のように真っ白なホワイトガーデンは、夏を爽やかに演出してくれます。

スーパーランタナ

開花期:春~秋

スーパーランタナ ムーンホワイトは日本フラワー・オブ・ザ・イヤー最優秀賞を受賞したお墨付きの品種です。「1株でこんもりと自然に丸くまとまる!花壇の群植では、高さもそろい株割れすることもなく地面をカバーするパフォーマンス!」と高い評価を頂きました。晩秋まで花が楽しめます。

繊細な雰囲気とはうらはらに、性質は強健。夏の暑さや乾燥にも強く、一度植えると春から霜が降りるまで長く花を楽しむことができます。夏の暑い時期は花が少なくなる植物が多い中でも途切れなく咲き、そのうえ摘芯や花がら摘みなどの手間もほとんどかからない育てやすい植物です。

スーパーベナ ホワイト

開花期:春~晩秋

一般のバーベナは雨や暑さに弱いのですが、スーパーベナは梅雨や夏の暑さにも負けずに花を咲かせる品種です。ボリュームある花姿を楽しめ、晩秋まで花が楽しめます。

夏おすすめのピンクの花

優しい雰囲気にしたければピンク系。パステルピンクからビビッドなピンクまで色に幅があるので、濃い色と淡い色をバランスよく使ってメリハリをつけてみましょう。

青い花としても紹介したスーパートレニア カタリーナは、ピンクもあります。暑さや雨に強く、ガーデニング初心者にもたいへん育てやすい植物です。一般的なトレニアと比べ夏の直射日光にも強く、太陽の光を浴びてぐんぐん育ち、春から晩秋まで株を覆うように花が咲き続けます

クレオメ セニョリータ

開花期:春~秋

これまでになくたくさんの花が咲くように改良されたクレオメがクレオメ セニョリータです。トゲがなくベタベタせず臭くないクレオメで、1株であふれるような花付きとなります。 暑さや乾燥に強く、夏の花壇や鉢植えの花として最適です。

ベゴニアグリーンダブレットは、さらに育てやすくなって簡単に楽しめるように改良されたダブレットの緑葉シリーズです。八重咲きで花つきがよく、春から晩秋まで花が株いっぱいに咲き続けます。暑さはもちろん、雨や病気に強く、とても育てやすい植物です。

ゴンフレナ ラブラブラブ

開花期:春~晩秋

一般的なゴンフレナ(千日紅)と比べて、分枝性が大幅に改良されており、連続開花性に優れ春から晩秋まで咲き続けます。高性で花壇や寄せ植えのフォーカルポイントとしてもお楽しみいただけます。

ピンクアナベルなどのアメリカあじさい(アナベル)は四季咲き性で、初夏から秋まで長く咲くアジサイです。花色の移り変わりを楽しんだあと冬から早春にかけて剪定を行えば翌年もまた花を咲かせてくれる剪定が簡単なアジサイです。サイズもカラーも種類が多いので、お庭に合わせてお選び頂けます。

夏おすすめの赤い花

グリーンの中で赤系の花はとても目立つため、ポイント使いがおすすめです。フォーカルポイントにもなります。

ボリュームのある花が真夏も咲き続ける強健種で、花壇にも鉢植えにもおすすめです。

ボリュームある尖った花は目を引きますが、黒に近いブロンズリーフが美しく、梅雨から夏そして秋にかけてガーデンの彩りにぴったりです。また、分枝性に優れるため花数が多く、誰でも簡単に育てることができるローメンテナンスなお花です。晩秋まで花が咲きます。

ポーチュラカ オスカーレッドは、光沢のある緋色(ひいろ)の花。花の大きさは約5cmと一般的なポーチュラカよりも大きめで、艶のあるハート型の花弁が可愛らしく、晴れた日には太陽の光を浴びてキラキラと輝いて見えます。新緑色の多肉質の葉とのコントラストも楽しめ、秋まで長く花が楽しめます。

夏おすすめの黄色い花

空間をぱっと明るくしてくれるのが黄色やオレンジ色の花。花壇の色合いが少し沈んで見える時に少量だけ使うのもおすすめ。

ルドベキア アーバンサファリは洗練されたアースカラーと造形美が印象的で、たくさんの枝から連続開花するルドベキアです。耐暑性に優れているだけでなく、最低温度はー15℃と耐寒性もある多年草で、冬越しをするとさらに大きな株に生長します。秋まで長く花が咲きます。

病気に強く、暑さにも強く、こんもりとした美しい草姿が特徴のカリブラコアです。こんもりした美しい花姿が可愛らしく多くのガーデナーに人気のカリブラコア。暑さに強く生育旺盛で、病気にも強く育てやすいのでガーデニング初心者にもおすすめのお花です。

ビデンス キャンプファイヤーは、暑さにも寒さにも強く生育旺盛。周年花をつけるビデンスは、春花壇にももちろんおすすめ。明るい花色でナチュラルな雰囲気を楽しめます。冬まで周年花が楽しめます。

夏おすすめのバイカラー(複合色)の花

複雑な色合いを楽しめる複色の花。花と花のつなぎ的役割も果たしてくれます。

「スーパー」+「ペチュニア」=「スーパーチュニア」、夏の花の代名詞でもあるペチュニアがさらに生育旺盛で強健になりました。病害虫にも強く、摘心不要で誰でもボリュームたっぷりに育てられます。

特に強健で暑さに強く真夏も咲き続けます。立ち性なので花壇や寄せ植えのフォーカルポイントおすすめ!PWのアンゲロニア(アンゲロニアエンジェルフェイス)は、草丈40~50cmと高さがあるので寄せ植えや花壇の背面に植えるのにとても適した植物です。

花色や花形、サイズが豊富なスーパーベル。暑さに強く、こんもりとよく茂って花が咲くので育てる楽しみが広がります。レッド系やイエロー系のお花としてもご紹介しましたが、バイカラーで忘れちゃいけないのがこのホーリーシリーズです。まるでクレヨンで描いたような模様がひと際目を惹きます。

夏の花を楽しむポイント

1
大きめの鉢に植えてあげましょう

夏に強い植物は、大きく育つものが多いので、少し大きめの鉢に植えてあげましょう。

2
たくさん花を咲かせるために、肥料をたくさんあげましょう

ここで紹介した夏の花は、真夏でも生育を続ける丈夫な花たちです。元肥として土に緩効性肥料を混ぜ、その後、週に1回500~1,000倍に希釈した液肥をたっぷりあげるようにしてください。真夏に生長が止まる花は、肥料はお休みするのが一般的です。

3
株姿が崩れて花が減ってきたら、切り戻しをしましょう

梅雨入り前は株が蒸れるのを防ぐために、8月は秋以降も花期をより長くするために、切り戻しをしましょう。そうすることで、風通しが良くなり、新しい芽が伸びてきて再びたくさんの花をつけるようになります。

まとめ

ラベルに「暑さに強い」と書いてある植物を選べば、夏でも長く花を楽しめます。夏の間もたくさんの花を咲かせる植物は、特に水切れに注意してください。まずは熱中症に注意して、気温の高い晴れた日は朝夕の涼しい時間帯に2回水やりをするようにして、植物が枯れないように管理してくださいね。

近年では、熱帯夜で夜も気温が下がらないような夜が続くことがあります。人にとっても過酷な季節ではありますが、梅雨越しや夏越しのポイントを抑えて、上手にガーデニングを楽しんでください。